ゆるふわな妄想ゲーム日記とたまに落書きのブログ

ゆるふわな妄想ゲーム日記とたまに落書きのブログ

妄想プレイ日記 : 絵師神の絆

time 2018/01/31

コンパイルハートから今年配信予定のアプリ、

絵師神の絆

(C)TEZUKA PRODUCTIONS(C)ForwardWorks Corporation(C)COMPILE HEART

脳内でやってみました。


sponsored link

どんなゲーム?

 本作は、株式会社手塚プロダクション(本社:東京都新宿区、代表取締役:松谷孝征)の協力の下、コンパイルハート所属のイラストレーター「つなこ」(代表作:「ネプテューヌ」シリーズ)、「平野克幸」(代表作:「限界凸起 モエロクリスタル」「アガレスト戦記」シリーズ)、「ナナメダケイ」(代表作:「魔壊神トリリオン」)を始めとした、社内外の人気イラストレーターが多数競演する、iOS/Android向けの完全新作ゲームとなります。
ゲームの詳細につきましては今後、改めて発表させていただく予定ですので、どうぞご期待下さい!
(アイディアファクトリー株式会社公式発表 より)
【ストーリーキャッチ】
絵師たちは、「神」のチカラを借りて、「シメキリ」と戦う!

 

…ということらしいのですが、その他の前情報が一切ありません。いったどんな感じのゲームなのでしょうか?

早速、やってみました。


『神』とは?

前回の妄想プレイ日記をご覧いただければある程度はお分かりになると思うのですが、いわゆる地球の神と言われる存在の中には、ドラコやレプティリアンと言われる、爬虫類型(ヘビ、トカゲ、ドラゴン等)の宇宙人がいるらしいです。

ドラゴンボールという作品があるのはご存知だと思います。同作品の中に、ナメック星人という種族がいますね? 緑の肌で、彼らの中には龍族と言う種族もいます。

(出典:http://creads.dgblog.dreamgate.gr.jp/e106404.html)

ナメック星人と言う名称はなめくじから取ったのではないかと思われます。触覚がありますし。

ですが、ナメック星人自体は、先述のレプティリアンら、爬虫類系の宇宙人をモデルにしているのではないかと思うのです。

同作品では地球の神はナメック星人ですが、同時にピッコロ大魔王という、いわゆる悪魔のような存在もナメック星人であり、両者はもともと一人のナメック星人から二人に分かれたということです。

実際の地球の神にも同じことが言えます。

『神』と『悪魔』というのは、呼ぶ側が便宜的にそうやって呼び分けているだけで、絶対的な違いは無いのです。

ユダヤ教のヤハウェ(←も、レプティリアンらしいです)も、自分こそが絶対的な神であり、自分に敵対する神は全て悪魔であるとしています。各宗教間の対立の途上で、その地域で信仰されていた神が、別の宗教との争いの結果、悪魔とされてしまうことはままあるのです。

悪魔といっても、元は神だった存在もいますし、神といっても、邪悪な、悪魔的な性質をしている場合もあります。

(総じてみると、爬虫類系宇宙人の全てがそうではないのでしょうが、他の種族の宇宙人と比べて攻撃的で支配的な性格をしている割合は高いようです。)

  • 余談・・・何故彼ら爬虫類系宇宙人は自分を神と呼ばせたがるのでしょうか? それは、信仰を集めるためだと思われます。人は悪魔よりも神を崇めますし、それに、我は悪魔だぞーふはははは、と言うより、我は神であるぞー、と言う方が気持ちいいのではないでしょうか。

 

なお、地球の神全てが爬虫類系宇宙人(ドラコ、レプティリアンなど)ではないようです。が、古来から信仰されている神や悪魔にはそれらが多いということです。

そもそも、特定の『神』を崇めるよう、信仰と宗教という概念を作ったのは彼ら爬虫類系だそうです。そうした方が支配と搾取がしやすいからです。

 

宇宙の真理から言えば、すべての存在は平等だそうです。

 


…以上です。

絵師神の絆というゲームがどういうゲームか、少しは分かっていただけたでしょうか?

ちなみに私はさっぱり分かりませんでした。

今年の配信に期待しましょう。

sponsored link

down

コメントする




ゲーム日記

ゆるふわなプロフィール

yuruhuwa

yuruhuwa

はじめまして。 適当に選んだゲームの感想とかを書いていきます。 たまにゲーム内容の落書きとかも載せるかもしれません。 mail : yuragimi01@yahoo.co.jp ↓ココナラでアイコンやイラストの依頼受け付けてます。 透明感のあるイラスト■承ります 癒し系な色使いがウリです。でもだいたい何でも描けます。

これまでの訪問者数

アクセスカウンター


sponsored link