ゆるふわな妄想ゲーム日記とたまに落書きのブログ

ゆるふわな妄想ゲーム日記とたまに落書きのブログ

妄想プレイ日記 : 魔界ウォーズ

time 2018/01/29

クローバーラボ、日本一ソフトウェアから今春リリース予定の、

魔界ウォーズ

 

脳内先行プレイしてみました。


sponsored link

どんなゲーム?

本作は、日本一ソフトウェア『魔界戦記ディスガイア』と、クローバーラボ『ゆるドラシル』がコラボレーション。
両作のキャラが総出演するシミュレーションRPGとのことだ。

実は『魔界ウォーズ』というタイトルは2004年にすでに発表されていた。
だが結局発売されず、幻のタイトルになっていた。
そんな作品が13年の時を経てスマホに登場するというのは、ファンにとって感慨深い。

(GameWith より)

 

…『ディスガイア』は1作だけプレイしたことはあります。確か、キャラメイクとジョブと限りなくインフレする育成要素が売りのRPGだったような気がします。

『ゆるドラシル』に関しては初めて知りましたが、600万ダウンロードを達成している人気ゲームなのですね。今公式サイトを見てきましたが、北欧神話の登場人物をモデルにした、ゆるめのノリのRPGのようです。

 

その2タイトルがタイアップした本作ですが、一体どんなゲームになっているのでしょうか?

 


魔界とは

まず、世界中に残っている神話は実際の歴史を元にしていると言われています。

世界中の神話では、地域が違うのに似たようなモチーフが登場することがあります。

  • 世界は真っ暗な海から作られたという創世説話
  • 蛇、竜(龍)、ドラゴン、といった爬虫類系の怪物や神
  • 巨人

これらのモチーフが世界中で見られるのは何故なのでしょうか?

それは、それが史実であり、世界中の神話は史実を元に書かれているからです。

 

じじぃの「創世記巨人伝説・聖書から消えた宇宙人アヌンナキ?人類支配者」

アダムを創った惑星ニビルの「アヌンナキ」の正体と巨人「ネフィリム」の謎

 

考古学者ゼカリア・シッチンによると、遥か古代に宇宙からエロヒムという宇宙人の一派が地球に飛来し、地球の猿に自分たちのDNAを混ぜ、現在の人類の原型を生み出したそうです。

彼らはいわゆる爬虫類系の遺伝子を持った宇宙人であり、彼らは地球人類の神として君臨したそうです。

そして現在世界各地に残る蛇や龍神伝説は、この歴史が元になっているようです。

 

その起源と目的、階級から見分け方まで。レプティリアン(ヒト型爬虫類)陰謀説に関する10のこと

 

 アイクが指摘するほかの証拠は、世界中の文明が爬虫類の神をもち、爬虫類的な存在をあがめていることだという。顕著な例は、メソポタミアや現代のイラクで見つかった小立像だ。これはウバイド期(紀元前6500~3800年)に始まった文明以前の時代のもので、人型のヘビが赤ん坊を抱えている像だ。

こうした文明以前の遺物だけでなく、爬虫類の神や半神半人の話は、古代歴史を通じて見うけられる。メソアメリカにはケツァルコアトルという翼をもつヘビの神がいるし、ヒンドゥー教には、半分人間で半分コブラのナーガという神がいる。アーペプはエジプトのカオスの神だが、やはりコブラの姿をしている。世界中の多くのさまざまな文化にドラゴンのような巨大な爬虫類の話がどれくらい出てくるかについては、わかっていない。

こうした爬虫類の神やドラゴンの話は、分離前にレプティリアンがまだ大っぴらに活動していた頃から発生したという。たくさんの文化に、アダムとイブと似たような話があり、爬虫類的生物がエデンの園のような特別な場所の門番をしていたり、人類に特殊な知識を教えている、とアイクは指摘する。こうした話のいくつかは隠喩かもしれないが、これらの話は、実際に分離の証拠だとアイクは信じている。

 

また、ネフィリムと呼ばれる巨人型の宇宙人も実在しており、古代の地球で暮らしていたらしいです。

本当に存在していたのか?世界各地で発見される巨人族の骨

進撃の巨人という漫画・アニメ作品がありますが、ああいった存在がリアルにいたという話です。

 

そういった古代より存在する、一般的にドラコやレプティリアンと呼ばれる爬虫類系宇宙人は、3次元に肉体を持つものと、4次元に精神体としてのみ存在するものとがいると言われています。

後者は4次元世界の内、低層4次元、いわゆる地獄と呼ばれる階層に住んでいて、地球人のネガティヴなエネルギー、すなわち、怒り、恐れ、不安、嫉妬、などの感情エネルギーを食べているらしいのです。

いわゆる『魔界』とは、そういった世界か、もしくは似たような領域に存在するらしいです。

 

そしてこれが厄介なことなのですが、彼らは地球人に裏から干渉し、地球の文化をそういったネガティヴな感情を発生させるようなものばかりで満たそうとしており(実際そういったものは地球上に溢れています)、彼らにとって住みやすい環境にしようとしているのです。

 

ですが、恐れることはありません。

恐れは彼らの栄養になります。どうせ肉体を持たない存在なのですから、肉体を持った地球人の方が強いのです。正しい情報を得、正しい判断を持つようにすれば、地球人が彼らの支配から脱する日が来るでしょう。

 

では、どうすればそういった存在が関わっているものを見分けることができるのでしょうか?

 

例えば、13という数字がありますね。これは不吉な数字として扱われることが多いですが、これを多用する人物や団体は要注意です。18や66、69、666、999などもそうです。

 

まだまだいくらでもあるのですが、今日はこの辺りにしておきましょう。

 


 

以上、魔界ウォーズでした。

今春が楽しみです。

 

…このブログ、ゲームを紹介する気があるのでしょうか。

 

 

sponsored link

down

コメントする




ゲーム日記

ゆるふわなプロフィール

yuruhuwa

yuruhuwa

はじめまして。 適当に選んだゲームの感想とかを書いていきます。 たまにゲーム内容の落書きとかも載せるかもしれません。 mail : yuragimi01@yahoo.co.jp ↓ココナラでアイコンやイラストの依頼受け付けてます。 透明感のあるイラスト■承ります 癒し系な色使いがウリです。でもだいたい何でも描けます。

これまでの訪問者数

アクセスカウンター


sponsored link